集客システム、業務システムを月額プランで導入しませんか?

集客システム

集客システム

どの企業にとっても「集客」は永遠のテーマです。

「集客」にとって必要な要素は1つではありません。

勘違いやすいのは

「きれいなホームページを作れば集客できる」
「Facebookページを作れば集客できる」
「アメブロ(ブログ)を頻繁に更新すれば集客ができる」

と思っている人が多いということです。

もちろん、それぞれに言っていることは間違ってはいません。

そして、たとえばその3つのことを全部きちんとやることができれば、成果は多少は上がるはずです。

しかし、本当に成果を上げたいと思ったら、それだけでは不十分です。

ホームページは「きれいな(あるいはカッコ良い)ページである」というだけでなく、「言いたいこと(訴えたいこと)がきちんと伝わっているか」「購買意欲(詳しく話を聞いてみたい、資料を取り寄せてみたい気持ち)がそそられるようになっているか」「購入または問い合わせのページに進みやすくなっているか」などの要素が全て満たされないと成果はきちんと上がりません。

このことはFacebookページでもアメブロ(ブログ)でも、あるいは紙のチラシであっても同じことが言えます。

ただ作った、きれいだ、カッコいいだけで集客ができたのは、ホームページが集客に使われ始めたインターネット石器時代のお話です。

今はその時代から数世代先に進んでいて、若者であろうが年配者であろうが、ダサい、分かりづらいページからは離れ、わかりやすい、操作しやすいページが好まれる時代になっています。

私たちはそういった観点から総合的に評価が高くなるような集客システムをご提案します。

公式サイト(ホームページ)作成

「ホームページがきちんとしていないと」と思いつつ、きちんとしたデザインのカッコ良いページを作るには費用がかさむし、そんなデザイナーを知らないから…と思われている経営者の方へ。

今の時代、集客にホームページは必須ですので、ホームページは「あることが大前提」となります。

しかし、安心してください。

顧客はデザインのカッコ良さで購入を決めることはしません。

大切なのは購買や問い合わせに至るまでの「納得感」であり、その「納得感」はデザインだけで作ることは不可能です。

内容がよくわかる文章があるのにダサいページと、内容がよくわからないけどとってもカッコ良いページでは、どちらのページから買いたいと思うでしょうか?

それがブランド物の商品なら説明はなくてもデザインが良い方が受けると思いますが、そうでないなら、消費者にとっても大切なのは「内容」なのです。

私たちのページ作りはその内容にこだわります。

その訪問者が何を求めているのか、何を知りたいのかを考察し、必要十分な情報を提供し、「納得感」を得ていただいたところで「それなら買おう(問い合わせをしよう)」という内容のページを作成します。

デザインも、このページがそうであるように標準のテンプレートを使って普通の体裁にはしますし、トップの画像1枚で十分に「見ていて違和感のない」サイトにすることができると考えています。

そのような公式サイトを私たちはリーズナブルな価格で作成します。

SNS(Facebook、Twitter、ブログ等)運用

公式ページには「必要な情報をきちんと伝える」という役割がありますが、一方で経営者や担当者の考え方や、日々の活動を伝えるのは公式ページよりもSNSの方が圧倒的に伝わりやすいという側面があります。

しかし、この運用をいざ開始するとなるとかなりのエネルギーを取られることになり、極端な場合、負担の増えた社員の士気が落ちたりすることにもなります。

また、経営者のなりが一人でやっているうちは良くても、これを社員が当番で行うような話になった時に急に質が落ちたり、更新頻度が落ちたり、円滑な運用は意外と難しかったりします。

こういったことがあって、競合他社はそこまで上手くSNSを使いこなせてないのが現実です。

逆に言えばこれは御社にとっては大きなチャンスで、他社ができないことを自社ができれば他社との大きな差別化になります。

私たちは御社に代わってこのSNSの運用を代行します。

基本的なインタビュー(ヒアリング)をさせていただき、写真やできればまとまっていなくても良いので思ったことなどを箇条書きなどでいただくだけで、それらを適切なタイミングでSNS発信します。

また、ただ発信するだけではなく、その配信の結果、何人が見たのか、どういうアクションが増えたのかなどの解析も行いながら、情報発信の最適化をはかります。

採用ページ作成

最近は公式ページとは別に採用の専用ページを設けるケースが増えて来ました。

これは公式ページが担う「自社の商品やサービスを紹介すること」と、求職者に対して伝える「その会社で働くことの魅力」を同じページに並べることが、必ずしも見ている側にとってわかりやすくないということから来ています。

商品やサービスの情報が欲しい人にとって、その会社の労働環境や給与は直接関係がありませんし、仮に求職者向けの内容でお客様へのクレーム対応や失敗談などのことが書かれていたとして、それを同じページ内にあるからと言ってついクリックして見てしまった場合、顧客に商品やサービス以外の情報が入ってしまい、それがプラスに働かないことがあるので、その意味でも最初から採用ページは分かれていた方が混乱を生じさせないという意味もあります。

すでに公式ページがあるというケースでも採用ページは独立して作ることができます。

記事コンテンツ作成(各種執筆代行)

ホームページやブログ、お客様向けのメールマガジンなど、文章を書かなくてはいけないシーンは多くあると思います。

しかし、日常の業務に忙殺されていると、落ち着いて文章を書くことは難しく、「せっかく思っていること」も「伝えたら受けが良いだろうなと思われること」も、結局発信されないままになってしまっていることは多いと思います。

私たちはこういった「埋もれたコンテンツ」を発掘して文章に起こし、情報発信に役立てていただけるライティング(執筆代行)を行なっております。

インタビューを通してコンテンツを引き出すこともあれば、普段からのメール等でのやり取りやアンケートなどを通じて引き出すこともありますが、それらをきちんと売れる文章、すなわちきちんと伝わる文章にして行くことが大切と考えています。

会員制サイト制作

ある程度の会員を集められた場合、ログインしてアクセスできるWEBサイト、すなわち会員サイト戦略は、顧客の囲い込み、歩留まりの向上には欠かせないものとなります。

しかし、WEBサイトまでは何とか自作で作ることができても、会員制サイトはかなりハードルが上がります。

もちろんプラグインを組み合わせればWordpressでも会員制サイトは作ることができますが、会員数が数十名程度のものならまだしも、それ以上の想定をした場合、あるいは管理と利用の利便性を考えた場合は、安易なプラグインに頼るよりは、きちんとした仕組みを作ってしまった方が良いと考えております。

特に顧客の会員サイトの利用状態(ログイン情報ほか)を確認しながら運用を進めたい場合は、顧客管理システムをきちんと活用した形で運用した方が、長い目で考えるとベストな選択になると思います。

一方でWordpressには慢性的にセキュリティの問題があり、顧客情報をWordpressに残すようなシステムはリスクが高いと考えていますので、当社のようにプログラム開発をした方が良いとも言えるでしょう。

そのような会員サイトの構築が可能です。

PAGETOP